教育学部の大学生による【やさしい学校教育まとめ】

教育について勉強中!北海道の大学生です。誰にでもわかりやすいように学校教育についてまとめていきます!

法律の分類分けと第1項を書かない理由について

 
法令を調べる際には、総務省の『法令データ提供システム』がとても便利です!e-Gov法令検索

法令を検索しただけで、条項がすぐに出てきます。

 

教員採用試験の勉強を深堀りする際などにも使えそうですね。教採の参考書は最重要事項しか載っていなかったりもしますから…

 
 
法律の分類分けは「条」「項」「号」分けられて、条を大別する際には「章」「節」「款(かん)」で分けられています。
 
あと、法律では第1項の算用数字が書かれていないですよね。
簡単に説明すると、1しかない時は区別する必要がないため書かず、2以降は項が変わったことを見分けやすくするために書くという法令用語のルールがあるそうです。
 
この下は読まなくていいけど、こんな感じです。第二条の次に一マス開けてから一項の文章が始まり、次の二項は算用数字での記載があります。
 
学校教育法  第一章 総則
第一条 この法律で、学校とは、幼稚園、小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校、特別支援学校、大学及び高等専門学校とする。
第二条 学校は、国(国立大学法人法(平成十五年法律第百十二号)第二条第一項に規定する国立大学法人及び独立行政法人国立高等専門学校機構を含む。以下同じ。)、地方公共団体地方独立行政法人法(平成十五年法律第百十八号)第六十八条第一項に規定する公立大学法人(以下「公立大学法人」という。)を含む。次項及び第百二十七条において同じ。)及び私立学校法(昭和二十四年法律第二百七十号)第三条に規定する学校法人(以下「学校法人」という。)のみが、これを設置することができる。
2 この法律で、国立学校とは、国の設置する学校を、公立学校とは、地方公共団体の設置する学校を、私立学校とは、学校法人の設置する学校をいう。
 
最初は法令をノートに書く時、一項にも数字書いちゃってたかも…汗
 
法令の分類分けについて説明出来たらかっこいいですね!!(説明する機会なんてあるのか…?笑)